車の半ドアの警告灯が消えない!困った時の対処法のご紹介♪

Pocket

車に乗って走りだしたら、いきなり半ドア警告灯が点滅!「えーっ?どうして!?」「ドアちゃんと閉めたはずなのに・・・しかも、消えない!」

こんな場面に遭遇するととても焦ってしまいますよね!!

そこで、今回警告灯がなった時にすぐに消すことができる対処法、さらに半ドアでもない時に、警告灯が鳴らないようにする予防法まで合わせてご紹介します♪

ぜひぜひ、今のうちに知っておいてくださいね!

スポンサードリンク


車の半ドア警告灯が消えない時すぐできる対処法♪

 

半ドア警告灯は意外にすぐに消えずに、あたふたしてしまう事があると思います。そんな時に、まずすぐに試して頂きたいのが、以下の手順です。

① 車を止めれそうなスペースを見つけ停車します。

② すべてのドアを一度しっかりと開き、思いっきり閉めます。

たったこれだけの手順ですが、これだけで警告灯が消えることがほとんどです♪もし、それでもダメな場合は、以下の2つを試してみてくださいね!

③ トランクのドアをもう一度閉めてみる。

④ 窓を少し開けた状態で、すべてのドアをしっかりと開けて、思い切っきり締める。

ドアの内部又はドアロック機能の故障ではない限り、この4つの対処で警告灯はたいてい消えます。トランクは、重い荷物を積んでいる時に、上手くドアが閉まらず警告音がなる場合があるんです。大きな荷物を積んだ時などは、もう一度しっかりとドアを閉めてみてくださいね!

そもそも半ドア警告灯はなぜつくの?

  

ほんの少し、ドアがずれているだけで、半ドア警告灯は作動します。半ドアの状態で、もし車が走っていたら・・・。実際に半ドアが原因で車外に放出されたという事故も起きています。

そもそもなぜ「半ドア」というのがあるのでしょう?

クルマのドアは、安全のために『2重ロック』になっているので、半ドアになることがあるのです。ドアの閉め方が不完全で、走り出してから勝手にドアが開いたりすると危険です。そのためドアが閉まる動作を2段階にしてあり、ドアを閉めた時の力が足りなかった時でも、最低限、不必要な時には勝手に開かないようにしてあるのです。

出典:https://kuruma-chisiki.jimdo.com

つまり安全装備として「半ドア」があるんですね♪ただし、あくまで一次ロックですので先ほどお伝えしたように外れるような悲しい事故も起きています。

ちょっとした事のようですが、大事故の繋がる可能性があるため、半ドア警告灯は少しの半ドア状態でも作動するようにできているのです。

スポンサードリンク


半ドア警告灯が消えない!ドア以外に原因は?


半ドア警告灯がつくと、思わず誰もが閉めなおすのが、運転席と助手席です。ただ、人が乗るドアだけが原因ではない場合もあります。このようなケースもあります。


このように運転席や助手席だけでなく、荷台のドアでも半ドア警告灯がついてしまうのです。その他、なにをやっても消えない場合は、ドアセンサーの故障や、ドアセンサーに何かが入り込んでいる場合もあります。

半ドア警告灯をそのままにしておくと、バッテリーが上がってしまうことに繋がってしまいます。ドアを閉めなおしても消えない場合は、すぐにディーラーに連絡するのがお勧めです♪

ディーラーに連絡も取れない!そんな時は?

〇ガソリンスタンドを利用する

その日の状況などで、どうしてもすぐにディーラーに来てもらえなかったり、いけない場合もあります。そんな時は、まず近くにあるガソリンスタンドに行きましょう!

そこで、対処してもらっても消えない場合は、ディーラーに車をみてもらうまでの対処方法として、こんな奥の手を経験された方もいらっしゃいました。

危ないので自分で行うのはお勧めしませんが、どうしてもの場合、ガソリンスタンドの店員さんや車に詳しい人にやってもらうのもありですよね。

〇プロにお願いする

もちろんプロにお願いするというのが最後の手段です♪



会員になっておくと、いざ困った時にすごく助かりますのでお勧めですよ♪

スポンサードリンク


まとめ

半ドア警告灯が消えない時の対処法はいかがでしたか?すぐにできる事ばかりなので、まずは、試してみてください♪意外とすんなり解決するかもしれません!

すぐに活用できるように、今回お伝えした情報をもう一度おさらいしますね!

✅ 車を停車し、すべてのドアをしっかり開けて、思いっきり閉める

✅ トランクのドアもしっかり開けて、思いっきり閉める

✅ 窓を少し開けた状態で、ドアを思いっきり閉める

✅ 運転席や助手席だけでなく、荷台のドアもしっかり開けて、思いっきり閉める

✅ どうしても警告灯が消えない場合は、すぐにディーラーにみてもらう

✅ ディーラーに見てもらえない状況の時には近くのガソリンスタンドで対処してもらう

半ドア警告灯が、つきやすい状態が続いたら、早めにディーラーで点検をしてもらうことをおススメします♪もしかしたら、故障し始めていることを車が教えてくれているのかもしれません。

そして、ドアの警告灯だけでなく、他の部分の故障の場合もありますので、おかしいと思ったらすぐにみてもらってくださいね!

アドセンス関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です