レモンが紫外線を吸収するって本当なの!?

Pocket

お肌の美白成分で欠かせないビタミンC!ビタミンCといえば、レモンが真っ先に思いつきますよね!

でも実は、レモンには紫外線を吸収する成分が含まれているって知っていましたか?

今回はそんな知られざるレモンの成分について解説し、対策方法をご紹介します♪すぐに実践できますので、参考にしてみてくださいね!

スポンサードリンク


レモンに含まれる紫外線吸収成分って?

レモン(皮)
レモンには「ソラレン」という成分が含まれています。

この成分は光毒性物質といわれ、光を活性化させ、紫外線に対する感受性を高めてしまうと言われています。そのため、紫外線を吸収しやすい体になってしまうのです。

このソラレンは主にレモンの皮に含まれているとされています。

ソラレンを摂取すると、2時間~7時間作用すると言われているので、朝食などで摂取するのは避けたいですね。

レモンは食べちゃダメなの?

hatena
でも、レモンにはビタミンCが含まれてるのに食べたらだめってこと?って思いますよね。実は食べてはだめというわけではないんです♪

摂取の時間帯に気を付ければ、ソラレンを気にせずにレモンを食べることができます。先ほど述べたように、ソラレンの作用時間は2時間~7時間です。ですので、朝ではなく夜に摂取すれば安心♪というわけです。
ソラレンを含む食べ物には、ビタミンやミネラルなど重要な栄養素が含まれているものもありますので、夜に摂取すれば日中に受けた紫外線ダメージの修復にも役立ちます。
夜に摂取すれば、寝ている間に美白効果も得られるので、一石二鳥ですね!!

スポンサードリンク


ソラレンって怖い!ソラレンが含まれている食べ物は?

%e3%82%ad%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%84
紫外線を吸収しやすい体にしてしまう「ソラレン」。以下の食べ物に多く含まれているといわれています。

・レモン

・オレンジ

・キウイ

・きゅうり

・グレープフルーツ

・ライム

・パセリ

・セロリ

・クロレラ

残念なことに、朝食で食べたい柑橘系の果物に多く含まれています。朝にスムージーなどで摂取している方は、注意してみてくださいね!

また食べるだけでなく、肌に直接接する「きゅうりパック」や「レモンパック」なども要注意です!

朝に食べてもOKなソラレンが少ない食べ物を知りたい!

いちご
ソラレンは怖いけど、やっぱり朝は果物が食べたい!朝だってビタミンを摂取したい!そんな方におすすめなのが、以下の食べ物です。

・いちご

・スイカ

・りんご

・バナナ

・もも

・ぶどう

・トマト

・ピーマン

特におすすめの果物は、いちごです!いちごにはたくさんのビタミンCが含まれているので、美白効果が期待できます。

また野菜では、トマトやピーマンがおすすめです。ピーマンには豊富なビタミンCが含まれています。トマトにはリコピンも含まれていて、このリコピンはシミの原因であるメラニンの発生を抑える効果があるので、特におすすめです!

スポンサードリンク


まとめ

いかがでしたか?

ビタミンCを含む代表的果物のレモンに、美白の敵となる「ソラレン」が含まれていたなんて驚きですね!

ただ、美白の敵だからといってレモンを摂取しない!とは考えないでくださいね♪レモンは夜に食べると紫外線ダメージの修復に繋がります!

また、朝レモンに代わって美白効果を高めるお勧めの果物、野菜もご紹介しました。

すぐにご家庭で取り入れられる果物や野菜ですので、ぜひこれからの季節に参考にしてみてくださいね♪

アドセンス関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です