胃もたれを朝食で解消できる方法のご紹介♪

Pocket

昨日の夜食べすぎたから胃が重たい・・・飲みすぎてしまって食欲がわかない・・・そんな朝を迎えたことがある方は多いのではないですか?

朝から胃もたれを起こしてしまうと、朝食を食べる気にもならないし、気持ちよく1日をスタートすることができないですよね。。。

朝から胃もたれしてしまった!そんな時に、実は朝食で解消する方法があるんです!知っていました??ぜひぜひ試してみてくださいね♪

スポンサードリンク


胃もたれを朝食で解消するためには?

おかゆ
胃もたれが起こっている朝は、胃腸の消化機能が弱っている状態です。ですので、消化がいい食べ物を摂取することがポイントとなります!

 〇消化のいい食べ物


・やわらかく煮たうどん

・かぼちゃ

・おかゆ

・豆腐

・大根

・鶏のささみや胸肉

これらが挙げられます♪

〇紹介を助けてくれる食べ物

また、以下の食品は消化を助けてくれる作用があるので、積極的に取り入れましょう!

りんご

・大根

・リンゴ

・キャベツ

これらの食材を使った朝食を食べれば、胃もたれを改善することができるんです♪

朝食はどんなメニューがおススメ?

たとえばこんなメニューがあります♪

〇鶏むね肉のみぞれ煮


① 鶏むね肉を一口大に切って、フライパンで焼きます。

② だし汁をお肉がひたひたになるくらいまで入れ、調味料(醤油:みりん:酒=1:1:1)を入れて煮込む。

③ 5分くらい煮込んだら、大根おろしを加える。

作り方は以上です!最後に水菜やかいわれなどを入れたら、彩りよく仕上がります。

〇こんな風にも♪


そのほかにも、ヨーグルトにすりおろしたリンゴを入れたり、野菜たっぷりの煮込みうどんを作ったり、先ほどあげた食材を組み合わせて好みの朝食を作ってみましょう♪

スポンサードリンク


そもそも胃もたれを予防する方法はあるの?

胃もたれを予防する方法として、以下の3点が挙げられます♪

〇食べ過ぎない

食べ過ぎ
胃もたれの1番の原因は「食べすぎ」なんです食べ過ぎてしまうと消化するまでに時間がかかってしまいます。

そのため、前日の夜に食べたものが消化されないまま胃腸に残ってしまうので、胃もたれを引き起こしてしまうのです。食べる目安として、夜遅い場合は特に!腹八分目を目安にしましょう♪

〇よく噛んで食べる

よく噛む
食事をするときに、よく噛んで食べることで、消化を助けることができます。また、よく噛むことで満腹中枢を刺激するので、腹八分目で抑えることができます。 

脳が満腹感を感じ始めるまでは時間がかかりますので、ゆっくりとよく噛んで食べることがポイントです♪

〇脂っこいものをなるべく食べない

ダメ
から揚げや焼き肉、ソーセージにフライドポテト・・・といったように、ついつい脂っこいものを食べがちではありませんか?

まったく食べない!というわけにはいきませんので、一緒にサラダを食べたり、汁物を飲んだりして、摂取量を少なくするように心がけましょう♪

スポンサードリンク


まとめ

いかがでしたか?

胃もたれの朝には、おかゆや大根、リンゴなど消化がよい食べ物を摂取したらよいことが分かりましたね♪

ご紹介したレシピも簡単に作れるものなので、ぜひチャレンジしてみてください!

また、胃もたれを予防するために、よく噛んでゆっくり食べることや、脂っこいものを避けることを、日ごろから気を付けていきたいですね♪

よく胃もたれを起こしてしまう、という方はぜひぜひ参考にしてみてください!

アドセンス関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です