ぬか袋で素肌美人!ぬか袋の作り方と効果的な使用法のご紹介♪

Pocket

古来より肌の汚れを落とす洗浄剤として使われてきたぬか袋は、米ぬかの優しい成分を余すことなく利用した天然素材の基礎化粧品ってご存知でした?

最近では、美肌・美白の効果やコスパの良さが話題となり、愛用する人も増えているんです♪

そこで今回!自宅でも簡単に作れるぬか袋の作り方と米ぬかの美肌成分について、そして効果的な使用法をご紹介します♪

ぜひぜひ若々しい素肌を保つためにも参考にしてみてくださいね!

スポンサードリンク


とっても簡単!ぬか袋の作り方はこちら♪


先ほどご紹介したようにぬか袋は、天然素材の基礎化粧品なんですが作り方はとっても簡単なんです♪準備するもの、作り方をご紹介しますね!

〇準備するものはこの3つ!


✅米ぬか

✅お茶パック

✅ガーゼハンカチ

〇ぬか袋の作り方


1、お茶パック1袋にスプーン3~4杯の米ぬかを入れます(お好みで増減してください)

2、米ぬかがこぼれないように袋の口を折り返してふたをします。

3、風呂敷包みの要領でガーゼハンカチに包み、長い方の端どうしを結びます。

米ぬかを入れたお茶パックは作り置きして冷蔵庫に保管しておくと便利ですよ♪

たったこれだけの手順で作れちゃうんです。とっても簡単ですよね!ただ、いざ作ろう!と思っても米ぬかがなかったり、お茶パックをちょうど切らしていたり、、、ということもあると思います。そこで、楽天でも人気の米ぬかとお茶パックをご紹介しておきますね!

≪米ぬか≫

≪お茶パック≫

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お茶パック 無漂白パルプ使用 60枚入
価格:182円(税込、送料別) (2018/7/2時点)


今自宅にないのであれば参考にしてみてくださいね。特にこちらでご紹介している米ぬかの量はそんなに多すぎずちょうどいい量だと思います♪

自然の恵み!米ぬかの優れた美肌成分とは?


作り方は簡単でしたね♪それでは、改めてなぜぬか袋が美肌に繋がるのかご紹介していきますね!

精米するときに、玄米の表皮が削り取られたものが米ぬかです。実は、ビタミンやミネラルなど玄米の栄養素の90%以上が米ぬかに凝縮しているんです。米ぬかに含まれている美肌に繋がる主な主成分は以下の4つです。

✅脂肪酸ナトリウム

✅イノシトール

✅γ-オリザノール

✅スフィンゴ糖脂質

それぞれ、どのような効果があるのかご紹介していきますね!

〇脂肪酸ナトリウム

肌の汚れや余分な角質を洗い流し、肌を清潔に保つ洗浄成分です。

〇イノシトール

母乳にも含まれる優しい成分で、皮脂の分泌量を調整して肌を正常に保つ作用と保湿作用があり、肌のハリや弾力アップに効果があります。

〇γ-オリザノール

米ぬかの主成分で紫外線の吸収剤とされるフェルラ酸を含むポリフェノールの一種です。肌への浸透力が高く、老化の一因とされる活性酸素を抑制する働きがあります。

シワやたるみを改善するアンチエイジング効果やメラニンの生成を抑えてシミの沈着を防ぐ美白効果のほかに、かゆみや赤みなどを抑える抗炎症作用もあります。

〇スフィンゴ糖脂質

米セラミドとも呼ばれ、肌になじみやすく吸収されやすい成分です。肌の水分を保持しながらバリア機能を高める働きが高いので、健康で潤いのある肌へ導く役割をします。

スポンサードリンク


これで素肌力アップ!ぬか袋の効果的な使い方♪


米ぬかに美肌成分が含まれていることが分かったと思います。実はこのぬか袋は使い方によっても美肌効果に差が出てくるんです。ちょっとした工夫でより効果を引き出すことができますので、参考にしてみてくださいね!

1、ぬるま湯を張った洗面器にぬか袋を浸して、軽く揉んで湿らせます。

2、ぬるま湯が白く濁ってきたらぬか袋に含ませ、肌を撫でるように優しくマッサージします。

3、最後にきれいな水かぬるま湯で洗い流します。

たったこの3つの手順で、米ぬかの成分が肌に浸透してしっとり感を実感できます。

また、入浴タイムに湯船に入れて使用すれば、リラックスしながら全身の美肌ケアができるので一石二鳥ですよね!

ぬか袋を使うときの4つの注意点!


これまでぬか袋のメリットを中心にお伝えしてきましたが、もちろんデメリット、といいますか注意していただきたいこともあります。以下の4点は頭に入れて使ってみてくださいね!

1.初めて使用するときには、腕の内側に米ぬかを溶かしたぬるま湯を塗ってアレルギー反応がないか確かめてからにしましょう。

2.米ぬかには古くなった角質を落とす成分がありますので、使いすぎは肌に負担がかかって逆効果です。週に1~2回の頻度で行いましょう。

3.一度使用したぬか袋の中身は使わずに、毎回新しいものと交換しましょう。また、ガーゼハンカチも使用後はきれいに洗って乾かしておきましょう。

4.米ぬかは生ものです!常温での保存は避け、2週間以上使わない場合は冷凍庫で保管して早めに使いきりましょう。

スポンサードリンク


まとめ

いかがでしたか?ぬか袋には美肌成分がたっぷり詰まっていますね!しかも、作り方も意外と簡単なので自宅でも作ることができますよね!こんな簡単で美肌にも効果があるんだったらぜひ試してみてたいですよね♪

最後に今回の内容の確認です!ご紹介したポイントは以下の4点です。

✅ぬか袋を作るのに必要な物は「米ぬか」「お茶パック」「ガーゼハンカチ」の3つ

✅お茶パック1袋にスプーン3~4杯の米ぬかを入れ風呂敷包みの要領でガーゼハンカチに包み、長い方の端どうしを結んで完成

✅米ぬかには美肌効果の高い、脂肪酸ナトリウム、イノシトール、γ-オリザノール、スフィンゴ糖脂質が含まれている

✅ぬか袋を始めて使用する時は、アレルギーがないか判断するために、徐々に使い、長い間同じぬか袋を使用しない

米ぬか・お茶パック・ガーゼハンカチを準備すれば、とっても簡単にコスパな基礎化粧品の出来上がりです!さっそく日頃のお手入れに取り入れて健康美肌を目指してみませんか♪

アドセンス関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください