納豆にカビが生えた!?白いツブツブって大丈夫?

Pocket

冷蔵庫に保存したまま忘れがちな納豆。気付くと賞味期限がとうに過ぎていて、パックを開けると白いカビのようなものがツブツブが…なんてことありませんか?

でもすぐに捨ててしまわないで!実はそれ、カビではありません!!

白いツブツブの正体はいったい何なのか?納豆がどうなると現れるのか?また、どんな納豆だと本当に腐っていて食べられないのか?納豆の発酵事情をまとめてみましたのでご紹介いたします♪

スポンサードリンク


納豆のカビのような白いツブツブの正体は?

納豆(ごはん)
納豆にできる白いカビのようなツブツブの正体は「チロシン」というアミノ酸の結晶です。納豆の発酵が進むとあらわれるもので、カビではないので食べても無害です♪

この「チロシン」は賞味期限が切れる頃あたりに出てくることが多いですが、発酵の進み具合によっては賞味期限内でも現れることがあります。

口にすると舌触りがザラザラしますし、納豆としての風味は落ちています。そのまま食べるのが気になる場合は、納豆チャーハンや納豆チヂミ、納豆てんぷらなど、火を通して調理する料理に使いましょう♪

こんな状態の納豆は食べられません!

ダメ

✅黒色や緑色のカビが生えている

✅箸ですくっても粘り気がない

✅水気が出てどろっとしている

こんな状態の納豆はまさに腐っているので食べないでください!

納豆はもともと腐っているようなものなのに、まだ腐るの?とギモンに思うかも知れませんが、こんな状態の納豆は納豆菌ではなく別の雑菌が増殖している状態です。

納豆は、ご存知のとおり大豆に納豆菌を付着させて発酵させています。しばらくの間は納豆菌がわんさか活動しているので他の雑菌を寄せ付けませんが、納豆菌も生き物ですので長く経てばいずれは死滅します。そうなった時に他の雑菌が入り込み、腐ったりカビが生えたりするのです。

上記のような状態になっている納豆は食べられませんので残念ながら捨てましょう!!

スポンサードリンク


納豆は賞味期限をすぎた後いつごろまで食べられるの?

冷蔵庫
納豆が食べられる、とは前述のとおり納豆菌が生きていて他の雑菌に侵されていない状態を言います。納豆の賞味期限は「もっとも風味よく食べられる期間」ですので、賞味期限を過ぎると発酵が進んでチロシンやアンモニア臭が発生しますが、食べることはできます。

冷蔵庫に保管している状態であれば賞味期限を過ぎても1か月くらいは食べられることが多いです。もちろん保存状態によりますが、未開封であればそれくらいは持ちます。

また、納豆のパックやビニールには雑菌を寄せ付けない効果がありますので、一度パックを開封してしまった納豆は腐りやすくなります。常温で保管してしまうと、納豆菌の発酵が急速に進みますので、もちろんその分劣化も早くなります。納豆は必ず冷蔵庫で保管しましょう!

スポンサードリンク


まとめ

いかがでしたか?納豆にできるカビのような白いツブツブは、無害ですので食べても大丈夫です♪その代り風味は落ちますので、気になる方はアレンジを加えてお料理に使ってみてください。

また、納豆菌が死滅してしまうほど長期間保存すると本当に腐ってしまいますので注意してくださいね!カラダに良い納豆菌、美味しいうちにいただきたいですね♪

アドセンス関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です