表彰式に出席する時の服装は?男性、女性別にご紹介します♪

Pocket

国から勲章や褒章を受章する格式の高い表彰式から、絵画や文学で受賞するなど市町村レベルの表彰式まで、表彰式に出席する機会が訪れた時何を着て出席したらいいのか悩みますよね。

もちろん男性女性共、服装にはある程度のマナーがあるんです!

今回知っておいて得する表彰式の服装マナーをご紹介しますね!表彰式に参加するときに参考にしてみてくださいね♪

スポンサードリンク


表彰式に出席する時には、何を着ていけばいいのでしょうか?


表彰式に受賞者として出席する場合、大抵の場合は、主催者側からドレスコードなど、服装の指示があります。

〇服装の指示が『正装』の場合

紋付き袴
男性は、燕尾服、モーニング、ダークスーツ、紋付羽織袴

女性は、ロングドレス、留袖や振袖などで出席します。

〇服装の指示が『平服』の場合

男性は、ダークスーツ、

女性は、和服なら色無地の紋付か訪問着、洋服なら膝丈のワンピースなどが安心です。

男性の服装を詳しく見ていきましょう♪

ノーベル賞の受賞式などで、燕尾服姿の受賞者の姿をテレビで目にしたこともあると思います。燕尾服は、夜に着る男性の第一正装です。白い蝶ネクタイを用いるため、ホワイト・タイとも呼ばれています。

それに対して、午前中から夕方6時ごろまで(冬は午後5時)に着る正装がモーニングです。式典の時間によっても、着る物が変わるので注意が必要ですね。

正装以外のドレスコードは、

✅ 準礼装はディレクターズスーツ(昼)、タキシード(夜)

✅ 略礼装(平服)はダークスーツ、ブラックスーツ

ディレクターズスーツとは:上着はシングルまたはダブルのジャケットで、下にモーニング用の縞ズボンを組み合わせたもの。会談の多い重役級の人たちが常に着ていることからこの名がある。          出典:コトバンク

スポンサードリンク


表彰式で着る服装。女性の場合はどうでしょう?

和服(女性)
女性の第一正装は、和服の場合、既婚者は留袖、未婚者は振袖が基本です。

洋装の場合は、

✅ 昼はアフタヌーンドレス

✅ 夜ならイブニングドレス

よほど格式の高い表彰式でなければ、ロングドレスではなく、膝丈程度の落ち着いたワンピースでも大丈夫です♪

結婚式などと違って、カクテルドレスの様な露出の多いドレスは避けた方が無難でしょう♪

ドレスコードが、略礼装や平服の時の和装は、訪問着や色無地になります。また、企業系の表彰式の場合などは、スーツにコサージュといった服装もおススメです!

子どもが表彰される時の服装は?

ブレザー
作文や書道、絵画で受賞して、子どもさんが表彰されるという場合もありますよね。その場合は、学校の制服があれば制服を着て出席すればいいでしょう♪

せっかくの晴れ舞台だから、ちょっとおめかしさせたい場合は、男の子ならブレザー、女の子ならすこしフォーマルな感じのワンピースがおすすめです付き添いのお父さんやお母さんは、落ち着いた感じのスーツが無難ですね♪

スポンサードリンク


まとめ

一生のうちに、そう度々出席する機会が無いと思われる表彰式。いざ、出席するとなると、一番気になるのが、着ていく服装ですよね。

初めにも書きましたが、大抵の場合は、主催者側からドレスコードの指示があると思います。

男性は、式典の時間帯によっても着る服が変わるので、表彰式の時間帯も確認してみてくださいね♪

女性は、和服が一番無難ですが、その後にパーティーなどがある場合は、ワンピースやドレススタイルが楽かもしれませんね!また、受賞式のあと写真撮影があることも多いので、落ち着いた色の中でも、顔映りの良いものを選んでくださいね♪

男性も女性も、表彰式という晴れの日に、一番輝いて見える素敵な服装で出席して、すばらしい思い出にしましょう!!

アドセンス関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です