車の事故!増加するアクセルとブレーキの踏み間違えはどう防ぐ?

Pocket

最近、アクセルとブレーキの踏み間違えによる事故が増加しています。

加害者側にも被害者側にもなりたくない車の事故ですよね。

今回「アクセルとブレーキの踏み間違えを防ぐにはどうしたら良いのか」そして、「自動車業界の、踏み間違えによって起こる事故防止への取り組み」について調べましたので、ご紹介いたします。

スポンサードリンク


アクセルとブレーキの踏み間違えを無くすにはどうすればいいのでしょう。

車の事故(お年寄り)
オートマチック車が主流になって、アクセルとブレーキの踏み間違えによる事故が増加していますが、なぜ踏み間違えは起こるのでしょうか?

それは、アクセルもブレーキも同じ「右足で踏み込む」という動作だからです。そして、現在のところは、踏み間違えを防ぐ、根本的な方法は見つかっていない様で、誰もが、間違える可能性があるのです。

ですが、現在以下のようなペダルの開発が進んでいます。

・「アクセルを右足、ブレーキを左足」と踏み込む足を左右別々にする

・「アクセルは足を右に倒し、ブレーキは踏み込む」という別々の動作が必要になる

なぜ、アクセルとブレーキの踏み間違えが起こるのでしょう?


交通事故のニュースを見ていると、アクセルとブレーキの踏み間違えが起こりやすいのは、駐車時の、バックでの運転中などが特に多いんです。

○バック走行中

バック走行中には、後方確認のために身体をひねるなどして、足の位置がずれるため、アクセルとブレーキの位置が分からなくなり、踏み間違える可能性が高まります。

○前進走行中

前進走行中でも、運転姿勢が適切でないために、右足踵がフロアマットから浮いてしまい、常に不安定な状態でブレーキとアクセルを踏んでいて、とっさの場合に、どちらに足を置いているか分からなくなり、踏み間違えが起こると考えられます。

スポンサードリンク


正しい運転姿勢とはどの様なものなのでしょうか?

JAFのホームページには、以下のように紹介されています。

シートの前後位置はシートと身体にすき間ができないようにお尻を密着させ深く座ります。エンジンを掛けた状態でブレーキペダルをいっぱいまで踏んだときに膝の関節に軽く余裕が残るぐらいにシート前後位置を調整します。膝に余裕があれば急制動に必要な踏力を得ることができます。

出典:JAFホームページ「クルマ何でも相談箱」

できるだけ正しい姿勢で運転することで、とっさの時にも、対応できるという事ですね。正しい運転姿勢のためには、身体の大きさにあった車選びという視点も必要になりますね♪

アクセルとブレーキの踏み間違え防止のための、自動車業界の対策

自動車業界も、ただ手をこまねいているだけなく、次の様な対策を始めています。

ペダルの開発

228818
初めに紹介しました、アクセルとブレーキを別々の動作にすればいいのでは、という考えのもとに開発されたペダルです。

ひとつのペダルで、アクセルは、ペダルを右に倒し、ブレーキは踏込むという、別々の動作で運転します。このペダルは、既存の車への取り付けも可能で、既に実用化されています。

○誤発進防止システムの開発

こちらはCMなどでも、認知度が上がっているとおもいますが、駐車時に間違えてアクセルを踏んだ時や、渋滞時に間違えてアクセルを踏んだ時、バック時に間違えてアクセルを踏み込んだ時、などに事故を防止できるとして、大いに期待されています。

このシステムを搭載した車も、既に販売されていますね♪

スポンサードリンク


まとめ

残念ながら、現在のところ、アクセルとブレーキの踏み間違えによる事故を完全に無くす方法は無いようです。

ですが、以下再度ご紹介するように

・正しい姿勢で運転すること

・クリープ時には、足はブレーキに置いておくこと

・バック時など、態勢が崩れる時には、足の位置に注意すること(時として、左足でブレーキを踏む)

・最新の安全対策システムを取り入れること

このように、アクセルとブレーキの踏み間違えを防ぐために、できる事はたくさんありますよね。筆者も、駐車でバックする時や渋滞のときは、ブレーキペダルに足を置く様に意識しています。

100%事故を防ぐことはできませんが、ひとりひとりが安全運転を常に意識することで、アクセルとブレーキの踏み間違えが、ひとつでも無くなることを願っています♪

アドセンス関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です