歯磨き粉はどのくらいで腐る?正しい使用期限のご紹介♪

Pocket

「開封してから、久しぶりに使った歯磨き粉が変な味がする!まさか腐ってる!?」「洗面所を掃除していたら、使用していない歯磨き粉が出てきた!」こんな経験ありませんか?

そもそも歯磨き粉には、賞味期限や使用期限はあるの?腐るってことあるの?って疑問に思いませんか?特に、季節の変わり目や湿気が出てくる時期は余計に心配になったりしますよね!

そこで、今回歯磨き粉は腐るのか?正しい使用期限についてご紹介します!

ぜひぜひ参考にしてみてくださいね♪

スポンサードリンク


歯磨き粉は腐るの?


もっとも知りたいのが、歯磨き粉が腐るのかどうかですよね?
実は、歯磨き粉は、腐るんです!食品と同じように、腐ったり、カビが生えたりするんです。
もし、開封後に放置していた歯磨き粉を久しぶりに使って、味が変だなと感じたらすぐに使用を中止しましょう!

ただ、実際に歯磨き粉が腐るまでいくのにはかなりの月日がかかります。
歯磨き粉には、もともと酸化防止剤が入っているので、多少の事では腐らないようにできているのですが、湿気が多い場所に置いたり、高温の場所に長時間置かれたり、チューブの蓋を閉め忘れてそのまま放置したりすると腐ってしまうんです。

歯磨き粉はなぜ腐るの?


一般的に、市販の歯磨き粉の成分は、5~7割くらいは水でできています。水は、もともと腐りやすい性質なんです!

そのため、市販の歯磨き粉は、使用中に腐らないよう酸化防止剤が使用されているのです。

ただ、酸化防止剤にも限度があります。歯磨き粉の蓋をしめずに、お風呂場などの高温多湿の場所に放置すると、歯磨き粉の中の水に菌が繁殖してしまい、腐ってしまうことになってしまうんです。

歯磨き粉を使用中に腐らせないためには、以下の3つのポイントを意識してみてくださいね!

✅使用後はしっかりと蓋をしめる

✅乾燥した涼しい場所に置く

✅歯磨き粉の出口と歯ブラシをあまり接触させない

これらの事に注意しておけば、簡単に歯磨き粉が腐ることはありません♪

スポンサードリンク


開封した歯磨き粉の使用期限は?


開封した歯磨き粉は、どのくらいの期間で使用していますか?多くの人が、1~3か月くらいではないでしょうか。

基本的には、開封してから1年は大丈夫と言われています。

ただ、味やにおいが変わってきたり、固くなってきたようなら歯磨き粉として使用しないのが妥当です。意外と知られていないのですが、歯ブラシにはカビはよく生えます。

最低でも、1か月に1回程度変えないと、歯ブラシの根本にカビが少しずつ生えてきやすくなります。その歯ブラシのカビが、歯磨き粉をつける時に、接触してしまい歯磨き粉に移ってしまう場合があります。

さらに、蓋をきちんとしめていなかった事で、歯磨き粉が酸素に触れてしまい、劣化してしまう事もあるのです。

1年は大丈夫と言われている歯磨き粉ですが、口に入れる物ですので、開封したらできるだけ早く、3か月を目安に使用するのがお勧めです♪

未開封の歯磨き粉の使用期限は?

 

未開封の歯磨き粉の場合は、3年が目安と言われています。保管状況によっては、もっともつ場合もあります。

ただ、夏場は湿気が多い状態になります。そのため、未開封の歯磨き粉も高温多湿を避けて、冷暗所に保管することをおススメします!

歯磨き粉によっては、使用期限が記載されているものもありますので、購入する時に確かめてくださいね!

もし、古い歯磨き粉を見つけて不安になったら、歯磨き粉のメーカーさんへ電話やメールで聞いてみてはいかがでしょうか?

古くなった歯磨き粉の活用法はこちら♪


古くなった歯磨き粉を口に入れるのは抵抗がありますが、実は、歯磨き粉にはたくさんの利用方法があります♪歯磨き粉には、研磨剤が入っているものが多いので細かい部分を綺麗にすることができるんです!

例えば、シンクにカビが生えていたり、汚れていたら、歯磨き粉をつけて少しこすればきれいになります♪

運動靴などの汚れ落としにも大活躍します。この場合、古い歯ブラシ(かためがお勧め)に歯磨き粉をつけて、運動靴の汚れている部分を洗ってみましょう!

シルバーアクセサリーのくすみを綺麗に落とすのも得意です♪

その他、水回りの水垢落としやゴーグルなどを曇り止めとしても利用できます。

臭いを取るのも得意なので、手に魚やニンニクなどのにおいがついた場合は、歯磨き粉で落とすとスッキリ取れますよ♪

今ご紹介したのはほんの一例なので、ぜひ試してみて下さいね!

スポンサードリンク


まとめ

歯磨き粉の正しい使用期限はいかがでしたか?今回ご紹介した内容のポイントを再度、ご紹介しますね!

✅歯磨き粉は、高温多湿で不潔な場所に置くと腐る可能性がある

✅歯磨き粉は、使用後はしっかりと蓋をしめ、乾燥した涼しい場所に置き。チューブの先と歯ブラシをあまり接触させないように使用する

✅開封後は、なるべく早く使う

✅未開封の歯磨き粉は、高温多湿をさけて保管すると3年は大丈夫

✅古くなった歯磨き粉は、掃除やにおい取りに活用できる

歯と歯茎の健康は、全身の健康に影響を与えますよね!実際に、口の中の状態が悪いために、大きな病気にかかってしまう場合もあるのです。

いつも清潔な歯磨き粉で、歯と歯茎、さらには、全身の健康を保っていけたらいいですね♪今回ご紹介したことはぜひぜひ参考にしてみてくださいね!

アドセンス関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です