「介護に疲れた。。。」大丈夫です!相談できる場所とセルフケアについてご紹介♪

Pocket

「介護」が発生するとなかなか大変ですよね。介護はいつ終わるというのが分からないまま、自分の仕事との両立や経済的な不安、慣れないお世話で身も心も疲れることもあると思います。そんな時は誰かに相談にのって欲しいって思いますよね!

一方で、内容が深刻なだけに誰に相談したらいいの?と悩まれている方もいらっしゃると思います。そこで今回「介護のことで疲れた時に相談に乗ってくれる場所」「自分の体と心のケア」についてご紹介します!

介護が発生した時、介護に疲れを感じた時などぜひぜひ参考にしてみてくださいね♪

スポンサードリンク


介護に疲れたときに相談できる場所はこちら!

〇「地域包括センター」知っていますか?

%e4%bb%8b%e8%ad%b7%e6%96%bd%e8%a8%ad
介護について総合的な相談に乗ってほしいとき、お住まいの地域の「地域包括支援センター」が力になってくれます。

ここには社会福祉士、保健師、主任ケアマネージャーが常駐しており、内容に応じてそれぞれの分野で相談ができるんです♪

〇どんな相談ができるの?

%e7%a4%be%e4%bc%9a%e7%a6%8f%e7%a5%89%e5%a3%ab

・社会福祉士には、介護保険や補助金に支給について、または施設に入居する場合は入居手続きについても相談ができます。

・保健師には、要介護者が少しでも長く自立した生活を送ることができるように、介護予防について、また介護予防できる施設の紹介についての相談ができます。

・ケアマネージャーには、これから必要になる介護のケアプランの作成や、受けることができる介護サービスについての相談をすることができます。

これからどのように介護を進めていったらいいか、どのような助けが得られるかを知ることができますので少し不安はやわらぎますよね。

まずは相談したいことや聞いてほしいことを総合窓口に伝えて、それぞれの悩みに合った相手を探してもらうことをおススメします♪

〇気になる相談にかかる費用は?

%e7%84%a1%e6%96%99
地域包括支援センターでの相談は無料です!

ですが、サービスを受けたり紹介を受けたりする場合、別途費用がかかることもありますので、サービスにかかる費用についてはお近くの窓口に直接お問い合わせしていただくことをおススメします♪

スポンサードリンク


なかなか疲れが取れないときのセルフケア方法のご紹介♪

〇自分の時間が持てず、リラックスできないとき

%e3%83%87%e3%82%a4%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b9
介護には、24時間365日休みがありません。常に誰かに合わせて生活をしていると、自分の時間を作ることはなかなかできませんよね。

どうしても疲れが取れないとき、そんなときはデイサービスセンターを利用し、ひとときだけでも自分のための時間を作ってください。

他人に身内のお世話をしてもらうことに罪悪感やうしろめたさを感じる人もいますが、そんなことを感じる必要はありません。休みなくがんばり続けられる人なんていないんです!自分のケアができないと、誰かをケアしてあげることなんてできませんよね。

〇気になる料金は?

以下、デイサービスを利用する時の費用をご紹介します。施設や状況に応じて異なりますので、目安としていただき、詳細はご利用するデイサービスに確認することをおススメします♪

 1 介護給付(通所介護)サービス 利用料金自己負担額(日額)
2時間以上
3時間未満利用
3時間以上
4時間未満利用
4時間以上
6時間未満利用
6時間以上
8時間未満利用
8時間以上
9時間未満利用
9時間以上利用
要介護1の方 267円 381円 508円 677円 727円 777円
要介護2の方 306円 437円 588円 789円 839円 889円
要介護3の方 345円 493円 668円 901円 951円 1,001円
要介護4の方 384円 549円 748円 1,013円 1,063円 1,113円
要介護5の方 424円 605円 828円 1,125円 1,175円 1,225円
出典:http://www.tsubame-fukushi.jp/dayservice/price_dayservice.html

〇介助による肉体疲労が取れないとき

%e3%83%99%e3%83%83%e3%83%89%e3%81%a7%e4%bb%8b%e8%ad%b7
お風呂やトイレの介助で、自由のきかない大人の体を支えることは、とても体力がいります。特に女性が男性を介助する場合は大変でしょう。

一番良い方法は、手を借りることです。体に負担をかけ続けることで、介護をする方まで体が動かなくなってしまっては元も子もありません。

また、無理な力を入れずに介護者の体を起こしたり、寝返りを打たせる方法もありますので、そちらを学ぶことも有効です。

こちらのサイトはとても分かりやすく体の動かし方などまとめられていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

介護応援ネット【移動介助】ボディメカニクス

http://kaigoouen.net/skill/body/body_2.html

〇心が疲れてしまったとき

%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%88%e4%bb%8b%e8%ad%b7%ef%bc%89
自分の時間を持つことがなかなかできず、肉体疲労もたまる・・・そんな状態が続くと、心までも疲れてしまいますよね。。。

心が疲れることは自分が思っている以上に体にも影響が出てしまいます。そんなときは一人で抱え込まず、心療内科を受診したりやカウンセラーに相談して悩みを聞いてもらういましょう!

誰だって、そんな状態の中にずっといれば、「辛く」「苦しい」ものです。そう思うことは、悪いことではありません!大切な人が介護が必要な状態になってしまったらショックを受けるでしょう。自分の時間を失うことも、体を酷使することも、辛くて苦しいと感じることは、人として当然抱く感情なんです。

時にはサービスを利用して自分の時間を作り、コンサートに行ったりおいしいものを食べたりしてもいいんです!自分の楽しみを大切にすることも、介護者を大切にすることと同じように大切なのですからね♪

スポンサードリンク


まとめ

今回、介護に疲れたときに相談できる場所や、体と心の疲れをいやす方法についてお伝えしました。介護に疲れたときのポイントは以下の通りです。

・介護については「地域包括支援センター」が総合的な相談に乗ってくれる。

・地域包括支援センターには、社会福祉士、保健師、主任ケアマネージャーが常駐しており、内容に応じてそれぞれの分野で相談できる。

・地域包括支援センターでの相談は無料、しかしサービスを受けたり紹介を受けたりする場合、別途費用がかかることもあるので問い合わせが必要。

・デイサービスセンターを利用し、ひとときだけでも自分のための時間を作ることが大切。

・お風呂やトイレなどの介助で体が疲れたときは、助けを借りることが大切。

・心が疲れてしまったら、診療内科を受診したりカウンセリングを受けて悩みを吐き出すことも大切。

介護が発生すると肉体的にも精神的も大変だと思います。その辛さを一人でため込まないで、支えてくれるサービスなどはぜひ使ってくださいね♪その際、後ろめたい気持ちなんていらないんです!

介護をされている方が少しでも楽になり、介護を続けていけるように応援しています♪


〇アクセルとブレーキ踏み間違えるたくないですよね!
車の事故!増加するアクセルとブレーキの踏み間違えはどう防ぐ?

どうしたら踏み間違えを防げるのかまとめてみました!
〇渋滞にはまると燃費のことが心配になりませんか?
すぐできる燃費の改善方法!!これで渋滞でも安心♪

これだけの知識で燃費はぐんと改善されるんです!
〇え!?こんなところに白髪が!って思ったことありませんか?
白髪が頭の後ろに生えるのはなぜ?対処法はこちら♪

白髪は生えてくる場所によって意味が異なるって知っていました?

アドセンス関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です