靴下の正しい干し方知っています?お洗濯の後は干す向きに注目!

Pocket

「正しい靴下の干し方がある」って知っていましたか?

「そんなのあるの!?」といつも特に気にせず干している方も多いのではないでしょうか?実は靴下にも、素材を長持ちさせる「お洗濯後の正しい干し方」があるんです!

ほんのちょっとした工夫でお気に入りの靴下を長持ちさせる「靴下の正しい干し方」をご紹介しますので、今日からお洗濯したあとに実践してみてくださいね♪

スポンサードリンク


靴下の正しい干し方は、ここがポイント!

靴下通常

○ピンチでつまむ場所は?

お洗濯の終わった靴下を干す時、大概の人はピンチで端をつまんで干すと思います。以下2つ質問させてください。

Q1.この時、足首側を上にしていますか??

Q2.それとも、つまさき側を上にしていますか??

実は、正しい靴下の干し方では、足首側を上にして干すのが正解なんです!なぜかというと、これは靴下の造りに合わせてるからなんです。

○その理由は?

洗濯物を干した時、上から下へと乾いていきますよね。上の方を触ったら乾いているのに、一番下の方はまだしっとり濡れている、ってことがよくあります。

つまさき側を上にして干してしまうと、足首側が最後まで濡れていることになります。

足首側にはゴムが入っていますよね。ゴムは長い時間湿っている状態だと劣化が早くなり、すぐに伸びやすくなるんです。

そこで!ゴムの入った足首側を上にして一番早く乾かしてあげることで、靴下を長持ちさせられるというわけです♪

足首側にピンチの跡がつくのがイヤな人へ!2つの対処法♪

つまさき側を上にして干している方の多くは「足首側にピンチの跡がつくのがイヤだから」ではないでしょうか?

見える部分にピンチ跡のギザギザが出てしまうのは恰好悪いですよね。ここでは、洗濯物にピンチ跡をつけない2つの方法をご紹介します♪

○洗濯ピンチのギザギザの部分に絆創膏を!

絆創膏
方法は簡単です♪ピンチの先のギザギザの部分に何かしらワンクッションはさむことで跡がつかないようにしてあげれば良いわけです。

でも干すたびに布や紙を間にはさむのは大変ですよね?

そこで、あらかじめピンチの先のギザギザ部分に絆創膏を巻いておきましょう!

この時、ギザギザ部分に絆創膏のガーゼ部分が当たるようにしてあげます。これがクッションになるので跡がつきにくくなるんです♪靴下だけでなく他の洗濯物にも跡が残らず便利なのでぜひ試してみてくださいね!

○ピンチ跡のつきにくい洗濯バサミを!

洗濯バサミ
ピンチ跡がつきにくい洗濯バサミというものが実際に売られているの知っていました?

この洗濯バサミなかなかの優れもので、はさむ部分の構造によって跡がつきにくい工夫がされているんです!ネットで検索するとたくさん出てきますので、ぜひ探してみてください♪

スポンサードリンク


まとめ

いかがでしたか?

靴下の正しい干し方をご紹介しましたので、お洗濯の後にはぜひ試してみてくださいね!今日から靴下を干すときは「足首側が上」ですよ♪

ピンチ跡が気になる場合は、ギザギザ部分に絆創膏を貼ったり、跡のつきにくい洗濯バサミに代えるなどして対応してみてくださいね!

ちょっとした工夫で靴下を長持ちさせることができますよ♪

アドセンス関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です