しゃっくりはなぜアルコールを飲んだ時に出やすいのか?

Pocket

アルコールを飲んだ時、しゃっくりが出てしまう人はいませんか?アニメやドラマでも、酔っ払いの人ってしゃっくりが出ている人が多いですよね。

酔っぱらっているときに限ってしゃっくりが出てしまったり、そしてなかなか止まらなかったりすると困りますよね。

今回、アルコールを飲んだ時にしゃっくりが出る理由と、その対策法を解説します♪

しゃっくりが出た時に、すぐ実践できる方法ですのでぜひ試してみてくださいね!

スポンサードリンク


なぜアルコールを飲んだ時にしゃっくりが出るの?

お酒飲んでる人
アルコールを飲んだ時にしゃっくりが出てしまう理由として、以下の2つが考えられます。

①急激な温度変化

②横隔膜への刺激

では実際に、どういったことなのか以下でご紹介していきますね♪

急激な温度変化って?

カクテル
アルコールはビールやカクテルといった冷たいものから、熱燗やお湯割りなど温かいもの、といったように、体温と温度差が大きいものが多く存在します。

一気飲みをしなくても、これらの温度差が大きい飲み物が体内に入ってくると、体は急激な温度変化にびっくりしてしまいます。

この温度差という刺激が横隔膜を刺激してしまうため、しゃっくりが出やすくなってしまう、という仕組みになっているんです。

横隔膜への刺激って?

先ほどの温度変化も横隔膜を刺激してしまう一因ですが、それ以外にもあります。

お酒をたくさん飲んだり、ご飯をたくさん食べたりすると、胃腸が拡大します。胃腸が拡大することで横隔膜を刺激してしまうため、しゃっくりが出やすくなってしまうのです。

その他にも、大きな声で笑ったり、大声で話すことで、普段よりも大量の空気が体内に取り込まれ、結果的に横隔膜を刺激してしまうため、しゃっくりが出やすくなるんです!

スポンサードリンク


アルコールを飲んでしゃっくりが出たら、どうやったら止まるの?

方法としては、以下の2つが挙げられます。その時の体調などを考えて、ご自身にあった方法を試してみてくださいね♪

とても簡単な方法なので、試してみる価値ありです!

①水を飲む方法

水を飲む
水を飲むときは、のどを「ごくっ」と鳴らすような意識で飲んでみましょう。

のどを鳴らすように飲むことで、しゃっくりに関係する神経に働きかけることができるので、効果的なんです!

また、アルコールを飲みすぎているときにしゃっくりは出やすいので、休憩の意味も込めてお水を飲むことをおススメします♪

②呼吸による方法

深呼吸(女性)
しゃっくりは、刺激された横隔膜が痙攣している状態なので、横隔膜を落ち着かせるために、呼吸法は効果的です。
ゆっくりと深呼吸を15回ほどしてみたり、大きく息を吸って30秒ほど止めてみましょう
また、大きく息を吸って、その息を飲み込む、といった呼吸法も効果的なんです♪

スポンサードリンク


まとめ

いかがでしたか?

アルコール摂取による急激な温度変化や、胃腸の拡大などによる横隔膜への刺激が原因で、しゃっくりが起こってしまうことが分かりましたね。

また、しゃっくりを止める方法も簡単なので、酔っぱらっていてもできそうですね!

筆者も実際にやってみましたが、お水をごくっと飲んでみる方法が、酔いも落ち着くし、一番効果的でしたよ!

みなさんもぜひ、試してみてくださいね♪


〇最近気になっていた。。。という方必見です!
歯ぎしりといびきを治す方法のご紹介♪「する方」も「される方」も必見!

2つの立場にたって治療法をご紹介しています!
〇油を飲むだけでダイエットできるって知っていました?
簡単!すぐできる!油を飲むダイエット!おススメな油と飲み方のご紹介♪

筆者もチャレンジしてみて効果があった方法のご紹介です!

アドセンス関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です