結婚式二次会の会費の決め方のご紹介♪初めての幹事さん必見!

Pocket

初めて結婚式の二次会の幹事を任されたとき、会費の決め方は悩みどころですよね。。。「会費っていくらぐらいなんだろう?」「何にお金がかかるんだろう?」「高すぎると参加してもらえないかも…」って気になりますよね。

筆者はこれまで何度も幹事をしたことがありますが、最初は本当に悩みました。そこで今回これまでの経験で学べた「失敗しない二次会の会費の決め方」「その際注意しておきたいこと」についてご紹介いたします♪

初めて幹事を任される方はぜひぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサードリンク


結婚式の二次会会費の決め方はこちら!

%e5%b9%b9%e4%ba%8b%ef%bc%88%e5%a5%b3%e6%80%a7%ef%bc%89
会費の決め方には、大きく分けて二通りのパターンがありますので以下にご紹介いたします。

○会費の合計金額を決めてから内容を考える

naruhodo
まずは一人あたりの会費を決めてしまいます。そして、合計金額で会場や演出を決めていくパターンです。こうすると相場に近い金額で設定することができ、ゲストの負担が少なく済みます♪

しかし、予算が限られてくるため、内容の質が落ちてしまわないよう注意しなければなりません。

○内容を決めてから会費を決める

%e3%83%93%e3%83%b3%e3%82%b4
こちらは「どうしてもこの会場でやりたい」「余興でやりたいことが決まっている」など、新郎新婦から既に希望がある場合です。

かかる費用を先に計算してから、一人あたりの会費を決めます。

この場合、思いがけず高額になってしまうことがあり、その分ゲストに満足してもらえるかどうかがポイントになります。


二次会会費の相場の目安は?

1000円
会費の相場については、地域やゲストの年齢層などで若干異なってきます。自分が招待されたことのある二次会の会費を参考にしたり、周りで二次会を行った人に話を聞いたりするなどして、あまり高すぎないように会費を決めましょう

また、男女で差をつける場合もありますが、不公平な金額にならないよう注意が必要です。だいたい500円~1000円程度の差が目安です。

会費についてどう感じるのかこのようにアンケートを取られている方がいらっしゃいましたので、ご紹介させていただきますね♪


スポンサードリンク


注意しておくべきこと!

170963
会費にまつわるトラブルを防ぐために、注意しておくべきことをご紹介いたします。

✅ 急なキャンセルを想定しておく

✅ 費用のかかる綱目を確認しておく

✅ 経費の分担を新郎新婦と相談しておく

あとで気まずくなってしまわないよう、しっかりとチェックしておきましょう!一つずつご紹介していきますね!

○急なキャンセルを想定しておく

%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%e4%bc%9a%e7%a4%be%e5%93%a1%ef%bc%88%e7%94%b7%e6%80%a7%ef%bc%89
たとえゲストに連絡をしていても、必ずといっていいほど急なキャンセルは出ます!

無理に黒字を出そうとする必要はありませんが、1割程度のキャンセルがあっても大丈夫なよう、少し余裕をもたせておくとよいでしょう。筆者の経験でも毎回だいたい1割はキャンセルがありましたので、そのことを見越して予算を立てていたら安心でしたよ♪

○費用のかかる項目を確認しておく

チェック
会費のうち大半を占めるのは、会場の貸切代と飲食代ですね。しかし、それ以外の出費も意外と細かくかさむものです。

特にカラオケやビデオ上映などに使う設備や、装花の持ち込み代などは、会場に確認しておきましょう!

また、忘れがちなのは消費税です。金額が大きい消費税もばかにならないんです!これで赤字になる場合もありますので注意が必要です。

○経費の分担を新郎新婦と相談しておく

%e7%9b%b8%e8%ab%87%e3%82%92%e5%8f%97%e3%81%91%e3%82%8b%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%ab
会費ですべてまかなうことが多いですが、予想外の出費で赤字になってしまった場合、その経費をどこから出すのかを話し合っておきましょう!

せっかくのお祝いですから、お金のトラブルで気まずくなってしまうのは避けたいですよね。曖昧にせず、新郎新婦と相談しきっちり決めておくのがベストです。

スポンサードリンク


まとめ

いかがでしたでしょうか。

会費から決めるか、内容から決めるか。どちらのパターンになっても、新郎新婦の希望を叶えてあげられるように頑張りましょう!

ただ、最後にお金のことでもめるとせっかくのお祝いムードも台無しですよね。そうならないように、急なキャンセルも想定したうえで会費を決めることをお勧めします!
幹事は、新郎新婦にもゲストに気持ち良く参加してもらえる、楽しい二次会にしたいですね♪

アドセンス関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です