1歳の赤ちゃんに寝る前の牛乳って大丈夫?その効果と気を付けてほしいこと♪

Pocket

赤ちゃんが1歳になると寝る前に牛乳を飲ませて大丈夫?って心配になりませんか?

1歳になると乳幼児から幼児に成長し、歯も徐々に生え始め、離乳食にも慣れ、色々なものを食べたがるようになってくる頃ですね。さらに、睡眠のリズムも確立し始め、夜の睡眠が整ってくるので、夜の授乳もなくなる時期でもあります。

それにともなって、ママは寝る前の母乳やミルクを牛乳にきりかえようかなと悩み始めるころだと思います。

そこで今回、寝る前の準備として「牛乳は幼児にとってどうなのか?」「飲ませるタイミングはいつがいいのか?」などご紹介いたします!

ぜひぜひ参考にしてみてくださいね♪

スポンサードリンク


1歳の赤ちゃんに寝る前の牛乳を飲ませる前にチェックすること♪

 赤ちゃん

1歳の赤ちゃんに牛乳を飲ませる事は特別なことではありません。

まれに、牛乳に敏感な体質の子もいるので、最初はようすをみながら、少しずつ飲ませてみることをおススメします♪

そして、飲ませる前に意識していただきたいことを以下にご紹介します。

✅ 離乳食をきちんと食べているか?

✅ 体の生育は平均的であるか?(生まれた時の身長から約1.5倍)

✅ 体重は、平均的に増えているか?(生まれた時の体重から約3倍)

✅ 健康に問題はないか?

✅ 牛乳は好んで飲むか?

これらの項目は事前に確認しておくことをおススメします♪特に問題がなければ、寝る前の牛乳は、1歳のお子さんにとって良い眠りをさそうものとなります。

それは、牛乳に含まれる「トリプトファン」という物質が、気持ちを落ち着かせ、眠りを良くすると言われているためです。また1歳という年齢は、成長にかなり個人差がみられるので、あまり神経質になる必要はありません。

ただ、もともと便がゆるい、体重が増えにくい、アトピーや皮膚がかぶれやすいなど、健康上問題がある場合は、小児科の医師に相談してみましょう!

1歳のお子さんに寝る前の牛乳を飲ませる前に試してほしいこと♪

哺乳瓶

○最初に試すタイミングは?

最初は、いきなり寝る前に牛乳を飲ませるのではなく、まず昼食の時に飲ませてみてください♪

その理由は、寝る前に牛乳を飲ませて、お腹を壊したり、アレルギーが出た場合に夜の時間帯では小児科は閉まっていることが多く、夜間診療してくれる病院を探すのも大変です。

昼食の時に飲ませることで、飲んだ後の状態も観察でき、何かあった場合はすぐに病院に受診できるので安心です。

○牛乳の温度は?

飲ませる時の温度は、ひと肌くらいがベストなんです。母乳もミルクも冷たいまま飲ませることはなかったと思います。

ひと肌に温めることで、胃腸にも優しく、体への吸収も良くなります。1歳のお子さんに飲ませて良い牛乳の一日の量は、約400mlが一般的です。

お子さんの成育状態にもよりますが、最初は50mlくらいから試していくのが良いですね♪

スポンサードリンク


1歳のお子さんに寝る前に牛乳を飲ませる時のポイント♪

赤ちゃんごはん

○タイミングは?

寝る前に牛乳を飲ませるタイミングは、夕食時がベストです!

夕食時でなければ、眠る前の1時間前が理想です。私たち大人でも眠る直前には、飲んだり食べたりしないですよね。

眠る直前に飲むと、胃の中に牛乳がしばらく停滞するので、眠りの妨げになることがあります。さらに、歯磨きができないことで、虫歯の原因になることもあります。

○ちょっと一工夫♪

牛乳だけでは、栄養分が心配なときは、フォローアップミルクを一緒に飲ませるのも良い方法です♪

フォローアップミルクの場合も、ひと肌に温めて飲ませてあげましょう!温めたミルクの温度をはかる時は、自分の腕にあててみて下さい。ほんのり温かいのがひと肌と同じぐらいの温度です。

スポンサードリンク


まとめ

子どもの成長は、あっと言う間ですよね。まだまだ、赤ちゃんだと思っていたのに、1歳をすぎると急に子供に近づく感じがすると思います。

3歳までは、自我を育てるための大切な期間でもあります。親にとってもとても大変な時期であり、お子さんにとってはたくさんのことを経験しながら学んでいく時期でもあります。

母乳やミルクから牛乳にチャレンジするのだって、経験した人からみれば何でもないことでも、初めての人には大きな課題です。

こんなことで悩んで自分は大丈夫なの?と誰でも思ってしまうのも当然なのです。

夜の睡眠を良質なものにするためにも、ぜひ寝る前の牛乳試してみてくださいね♪

アドセンス関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です