背中がピリピリする。4つの主な原因と気を付けておきたい痛み!

Pocket

なんだか背中がピリピリする。そんな体調の変化はありませんか?背中はさまざまな不調がでやすい場所です。何かのサインかもしれません。

昔の医師は、背中をみただけで何の病気かを判断したと言われています。それだけ、背中は身体の状態をあらわすものなのです。

では、背中がピリピリする原因をご紹介していきます。「背中がピリピリしてきた」と感じた時に、焦らずに参考にしてみてくださいね♪

スポンサードリンク


背中がピリピリする4つの主な原因とその症状は?

453409

○胸椎椎間関節症

・症状

胸椎椎間関節症の症状の特徴は、頭を前に倒して、胸元に顔を近づけると、背中の上部が引っ張られてピリピリと痛みます。

背中にある背骨同士をつなぐ関節が変形したり、関節と関節の間の軟骨がすり減り炎症をおこしたときに痛みが起こります。

・原因

長時間おなじ姿勢をとる仕事の人や、重い荷物を運ぶ仕事の人に多くみられます。

・対処法

整形外科で、MRIを取るとすぐにわかりますので、早めの受診がおすすめです。ピリピリした痛みがあるときは、安静にし、無理に体をひねらないようにしましょう!

○帯状疱疹

・症状

帯状疱疹の特徴は、左右どちらか一方のみに、痛みがあり、最初小さな発疹があらわれます。体の中のほうから、這うようにピリピリした痛みがでるんです。

背中のピリピリした痛みは、発疹がでる数日から1週間前から約8割の人が感じるケースがほとんどです。

・対処法

発疹がでたらすぐに、皮膚科に受診しましょう!早目に治療するのがおすすめです。帯状疱疹は、後遺症がのこりやすい病気です。

早目の治療は、ピリピリした痛みを軽減するだけでなく、後遺症もおこりにくくしてくれます。

○風邪のひきはじめ

風邪

・症状

実は風邪のひきはじめに、背中がピリピリ痛むこともあります。

・原因

熱がでるまえの悪寒の前兆の場合と、ウイルスが増殖するときに、皮膚がピリピリ痛む場合があります。ウイルスの場合は、夕方から夜にかけて症状が悪化する場合もありますので気を付けたいですね。

・対処法

内科に受診し、採血をしてもらいましょう。体を冷やさないように温かくして、胃に負担のかからない食事をとり、体を休めましょう。

眠りは、風邪やウイルスで壊された細胞を修復してくれます。

スポンサードリンク


○ストレスによるもの

ストレス

・原因

実は、ストレスでも背中がピリピリします。ストレスが過剰な状態がずっと続いていると、腎臓の上にある副腎皮質から、ストレスを緩和するホルモンが分泌されます。

ストレスが長く続いたり、強すぎたりすると、副腎皮質が疲れてしまい、背中に痛みを感じるようになるのです。

パニック障害やうつ病の人にも、背中がピリピリする痛みを感じる人は多いといわれています。

・対処法

ストレスは、そのままにせず、毎日、リラックスできる時間を自分で確保するのも大切です♪

ピリピリする痛みが強く感じる時は要注意!

町医者
すぐになくなる様な、背中のピリピリする痛みはあまり心配ありませんが、強い痛みの場合は、大きな病気の可能性があります。例えば、

・右側の背中は、胆嚢炎

・左側の背中は、胃潰瘍や膵炎

・移動する背中の痛みは、腎臓結石や尿管結石

・裂けるような、背中のピリピリする痛みが日々強くなる場合は、心筋梗塞など

大きな病気がかくれている場合もあります。背中がピリピリ痛み、その痛みが強くなったり、続くようなら、早めに病院に受診しましょう!

スポンサードリンク


まとめ

これまでご紹介したように背中がピリピリ痛む時は、身体がなにかサインを送っているんですね!

特に、普段から痛みがあるけれど、何も対処をされていなかったら、そのサインを見逃してしまっていることになってしまいます。

背中がピリピリするなと思ったら、まずは、いつからどんな風に痛むのか観察してみましょう。その痛みが、いつもと少し違っていたり、皮膚に異常がみられた時は、自分で判断するのではなく、医療機関に受診するのが適切です。

あなたの身体からの大切なサイン、見逃さないでくださいね♪

アドセンス関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です